2017年4月16日日曜日

大洗・水戸方面の野池ランガン

みなさん、こんにちは。


またまた久しぶりの更新となってしまいました。
公私ともにバタバタしていましたが、昨日はガッツリと「私」のほうの用事を片づけたので今日は一日遊び倒す予定です。

朝4時起床でアチコチの野池をチェックする予定でしたが、いきなり寝坊して5時に起床。
急いで準備を済ませ、まずは大洗の野池に向けて出発です。

途中6時頃に久慈川河口の245号を通過するとオレンジ色のウェットスーツのレスキュー隊員らしき人たちが・・・・・。
こんな早朝から訓練とはご苦労様です。(と思いきや事故があったのでした)

7時前にいつもの大洗の野池に到着しますがヘラ師が陣取っていました。
隣の池に移動です。

まずは手堅くセンコーのズル引きです。
池を半周するも反応はありません。orz

スピナベに変更して残り半周をチェックしているとグンと重みがのります。
まさかスピナベにくるとは思ってないかったので当然バラシです。(T^T)

8時頃に携帯に着信。
釣りに行かないかとの誘いでしたが、すまぬ。もう現着して釣りしている最中でした。

さて、コイ、ヘラ、カエル、亀、水鳥と水辺周辺は賑やかなのですがバスの反応だけありません。
そんな中、水路のほうからバスのフィーディングぽい水音が!

1時間ほど水路をセンコーとスピナベでチェックするも反応なし。
残念。


見切りをつけて大貫池へ移動します。
先行のバサーは2名。
後から2名追加で俺も入れて5名となります。

シャローはコイが騒がしくしていますが、南側の護岸奥のシャローで時々バスのフィーディングらしきものがあります。
そちらに移動して粘っていると、対岸の先行者に40upのバスがヒット!!

羨ましい。


こちらは反応がないので高野池に移動。
ヘラ師2名、バサー1名の先行者あり。

道路沿いからチェックしますが、ヘラ師の5m手前に杭があってそこからの護岸沿いにバスが付いていることが多いのですが、ヘラ師は移動の気配がありません。
この池は諦めて大移動を行います。


水戸鯉渕の野池に到着。
コイがシャローで元気に騒いでます。
なぜか錦鯉も2匹ほどいたりします。

対岸ではフカセ釣りで竿を2本出している人が3~4人。
こちらにも反応ありませんが、対岸でも反応がない様子。
生エサで釣っていて反応ないのでは望み薄と判断して本日の本命に移動。


那珂川ワンドに到着


誰もいません。
昔は人だらけで釣りにならなかったのですが、橋が出来てから水位が下がってしまってバスの反応がイマイチになってしまいました。

一周するも反応がありません。
既に15時過ぎ、このままではノーフィッシュ確定になってしまいます。
コンビニで空腹を満たして、しばし思案。


再度大移動してバスが釣れた(俺ではなく対岸の先行者に)大貫池に戻ります。
17時少し前に到着。

空腹を満たしてしまったのと、早起きしたせいでかなり眠い。
車で少しうつらうつらしていると朝に釣りの誘いのあった友人から携帯での連絡が入り、県北の野池はノーフィッシュとのこと。

俺もノーフィッシュが濃厚かな。

まずは唯一反応のあったスピナベを投入。

17時40分


底じゃなく中層から上でアタックしてきました。
今日一日、底を中心に探っていましたがレンジが違っていたようです。

俄然、やる気がでてスピナベを投げまくり。
早々に根掛かりでロスト orz
今日に限ってスペアがない。

まぁ、中層ならミドストかワッキーでいけるかも。
センコーパンプキンをワッキーにしてシェイクしながら探っていると・・・・。

コン!!

キター、フッキング!!
うりゃ~!!

すぽ~ん!!

すっぽ抜けでした。 orz

ロッドに魚の重みはのったのですが、うまく食い込んでくれてませんでした。
確か、この時期は少し送り込まないと上手くフッキングしなかったのを思い出しましたが、「時すでに遅し」です。

これでやる気が消滅、そのまま帰路につくとします。


今日、反応の良かったルアーは

新品価格
¥1,296から
(2017/4/16 21:59時点)

価格:1,069円
(2017/4/16 22:10時点)
感想(0件)

でした。


ではでは~☆ミ

0 件のコメント:

コメントを投稿